頭蓋骨にできた脳腫瘍を取り除こう|自分の病状に合った治療法を選択

脳にできる腫瘍

聴診器

検査と治療

脳の疾患に脳腫瘍がありますが、これは頭蓋骨の内側に発症する新生物です。脳細胞に発症するケースと硬膜やくも膜血管や神経の各組織から発症します。脳腫瘍の発症原因は遺伝子変異によるものと言われていますが、誰がどのような状況で発症するのかは明確に解明されていません。ただし、ここ数年で急激に患者が増えていることから他の疾病との関連性や高タンパク高脂肪食の摂取が関係しているとも考えられています。また、ストレスや喫煙、遺伝的要素も関係していると言われています。自覚症状が出た状況で、すでに進行しているケースは高く、治療が困難となるケースも見られます。脳腫瘍の初期症状として頭痛があります。慢性的な頭痛が続く状況であれば脳腫瘍が疑われます。頭痛と共に嘔吐を伴うこともあり、脳腫瘍が進行すると視聴覚や味覚障害、言語障害、手足のまひが出ることがあります。このような症状がある場合は、医療機関で検査を受けることが必要になります。検査方法はCTやMRIによる画像診断が一般的です。腫瘍の大きさや場所を考え、腫瘍組織を調べて悪性度等を詳しく調べて治療方針が検討されます。脳に存在する腫瘍を全摘出することで根治を目指します。手術により摘出する方法が第一医療となりますが、摘出が難しい場所は放射線治療や化学療法により治療が行われ、これらを合わせた治療となることもあります。定期的な脳ドックなどを受け、予防や早期発見に心がけると良いでしょう。

Copyright© 2018 頭蓋骨にできた脳腫瘍を取り除こう|自分の病状に合った治療法を選択 All Rights Reserved.